RSS | ATOM | SEARCH
日々雑感 「俺の」レシピ

 

日々雑感 「俺の」レシピ

 

 

いつもそうだというわけではないが、「なにかこれ」というものを作ろうと思った時には、集中して何度も作って「俺のレシピ」を完成させる。

時には一週間毎日同じものを作るときもある。家族も大変。

 

 

先日は「しゃぶしゃぶ」週間だった。

 

 

しゃぶしゃぶ、なんて単純な料理を、と思うかもしれないが、単純な料理ほど奥が深い(ときもある)。具材によって何の出汁が一番合うか、ということはもとより、しゃぶしゃぶする出汁の温度は何度がいいのか、とか、もっと言えば出汁は濃いほうがいいのかそれとも薄めがいいのか、などなど。

毎日いろいろ試しながら、場合によっては鍋をいくつも使って「濃い出汁」と「薄い出汁」、「熱い出汁」と「ぬるめの出汁」で食べ比べしながら、作る。

 

 

 

大事なのは「出来上がりをイメージする想像力」と「プロセスに没頭する集中力」だからお酒は欠かせない。

最近は料理のお供はもっぱら「エールビール」。炭酸薄くてゆっくり飲めるし、味は濃いし、ぬるくなってもおいしいし、文句がない。エールを終えてスコッチに移るころには気分は絶好調だがだんだん舌の感度が怪しくなってくるので、それまでには味は決めておきたい(それから日本酒に移って食べ始めるわけだから俺はホントに味の違いが分かっているのだろうか?)。

 

 

そうして完成した俺のレシピ。

しゃぶしゃぶ、シチュー、餃子、カレー、スパイスカレー、水炊き、カオハンガイ、パエリア、ボンゴレビアンコ、しめ鯖、こぶ締め、イクラ、ベーコン、ソーセージ、などなど

もちろん作り直す度に改良を重ねている。

 

 

 

カウンター越しに着物姿の女性が接客する気の利いたお店で、日本酒と一緒にこれらの料理を提供したいなー、なんて思って数か月前から物件を探していた。

すぐにいいとこ見つからなくって良かった。今となっては。(2020年5月20日)

 

 

JUGEMテーマ:不動産投資

author:oneman-band, category:料理, 07:50
comments(0), -
Comment