RSS | ATOM | SEARCH
競売にかかる家はみんな北側を向いている

JUGEMテーマ:不動産投資

 

 

競売にかかる家はみんな北側を向いている

 

 

 

もう15年くらい前になりますが、当時外資系通信会社で働いていた僕は、

「沖縄でレストランをやろう」

と思い立ち、日々料理の腕を磨いていました。

 

 

 

上司が外国にいて体の自由が利いたので、それをいいことに年間100日くらい沖縄で過ごし、いろいろな店で食事をしたり、レストランを建てる土地を探したりしていました。

 

 

 

いろいろな店を見て、食事をし、店主の話を聞いたりしている中でわかってきたのですが、「ロードサイドにトレーラーを置いたり」だとか、「簡易な建物を作ったり」とか、そういう

「金をかけないで始めた店」

はたいていすぐにつぶれてしまっていたのでした(沖縄、とかだとそういう店は結構多い)。

 

 

 

飲食店を始めるにあたって、まず一番大変なのは「初期費用」。いろんな本を読んだりしましたが、どの本にも「初期費用はなるべく抑えて」というようなことが書いてあったような気がするのです。

 

しかし、実際「最も初期費用を抑えられる形」をとった店はたいていすぐにつぶれている。

 

 

 

これって何だろうな、と思いながらも、「自分の店は最初から、きちんとコンセプトを作って、きっちり仕上げていかねばなるまい」と考えたのでした。

 

 

 

 

「沖縄レストラン計画」は、土地購入のサイン直前まで行ったのですが、ある理由であきらめることになりました。

 

 

しかし、その時に得た「不動産って、ビジネスとして行けるかも」という思い付きから不動産投資をはじめ、それが高じて今では完全に不動産業界の人となってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、ワンマンバンドでは、現在年間600件程度の競売物件に入札を行っており、競売入札価格は、すべて代表である僕が決定しています。

 

北海道から九州まで入札を行っているので、入札前に物件を確認する、なんてことは絶対無理だし、コストも全然合いません。基本は競売書類を見て、Google mapを確認し、近隣の物件情報と照らし合わせて、入札価格を決定します。

 

 

とっても助かっているのはGoogleマップのストリートビューです。これって本当に便利。家の様子や道路、周りの状況まで、あたかも現場にいるように確認できます。駅からの道のりだって、ストリートビューで疑似体験が可能です。

 

 

Googleマップで物件を特定し、ズームインしてストリートビューの画面に入るのですが、その時、カメラは必ず北側を向くようにできています。

 

 

もう何千件も入札を行っていて、最近気がついたのですが(以前から何となくそんな気はしていたが)、競売物件は、そのほとんどが、このズームアップの反対側に建っている。つまり南側に建っているのです。

 

 

ズームアップポイントは、Googleの撮影車が通る「道路」となるので、つまり、競売物件は道路の南側に建っていることになります。これは業界で言ういわゆる「北道路」。

 

 

 

そのことに気がついてから、常に気を付けているのですが、本当に「北道路」の物件が多い。その比率は驚くほどです。

 

 

 

「北道路」は、「南道路」に比べて一般に日当たりが悪く、価格は安くなります。予算が少なめだったり、土地価格を抑えて建物にお金をかけたかったり、基本的にはそういう人が選択します。普通のことです。

 

土地価格の違いは、一般的に5%-10%といわれています。まあ、大した違いではない。

しかし、なぜか競売物件においては、異様なまでに「北道路」の比率が高い。

 

 

いったいなぜなんだろうか。

 

 

 

 

 

「もともと多少なりとも安い物件を選ぶ人は資産が少ない」「単身者などは日当たりをあまり気にしない」など、いろいろな理由は考えられますが、大まかに行ってしまば、これはやはり「センス」の問題なのではないかな、と、いう気がしないでもありません。確信はないけど。

 

 

 

借家でも同じですが、家を選ぶ、ということはいろいろな条件の取捨選択です。その人なりの基準で判断を重ね、選ぶわけですが、いくら引っ越しても、なんかいつも「さえない」家を選んでしまう人は、僕の周りにも結構たくさんいます。本人も自覚してたりして。

 

 

それって、建物を選ぶ、ということだから、やっぱり「レストランを始める」というときでも一緒なんだろうなー、と、昔のことを思い出したわけです。

 

 

でも「何かを捨てて何かを選ぶセンス」って、それだけじゃなくどんなことにも必要で、例えば「事業を始める」とかいうときには最も必要になるかも。

 

 

これって「バランス感覚」ってことなのかな?

 

 

 

 

今一つまとまりがありませんが、いろいろなことを考えさせられます。「南道路」と「北道路」の家庭の、「総収入比較」とか「子供の進学率統計」とか、とってみると、結構興味深い結果が出るかもしれません。

 

まあとはいえ、北道路の物件ってものすごいたくさんあるわけだし、その中で競売にかかる物件は極ごく一部だし、なんとも言えませんけどね。(2018年8月16日)

author:oneman-band, category:競売, 10:05
comments(0), -
Comment