RSS | ATOM | SEARCH
不動産投資に「掘り出し物」ってあるのかな?

JUGEMテーマ:不動産投資

 

 

不動産投資に「掘り出し物」ってあるのかな?

 

 

 

 

吾妻光良が「物件に出物なし」で高らかに歌い上げたように、「不動産には掘り出し物はない」とはよく言われる格言です。本当でしょうか?

 

 

「掘り出し物」を「通常よりかなり割安で取得できる物件」と定義すると、不動産にも当然ですが「掘り出し物」はたくさんあります。

 

「不動産に掘り出し物はない」という格言は、要するに「甘いことは考えない」という普遍の心理を述べたにすぎず、実際は「掘り出し物」はたくさんあるのです。もちろんそれを見付けるのは簡単なことではありません。

 

 

 

 

不動産業界には俗にいう「買取業者」がたくさんあります。かくいうワンマンバンドも現在一般の買取に力を入れています。業者が買い取って、それを(基本的には)転売して利益を出すわけですから、業者が買い取る物件は格安、つまり「掘り出し物」でなければならないわけです。

 

 

例えば戸建業界で有名な「カ〇〇ス」、とか「な〇み」とか、そういう会社は、古い家を大体400万から500万円くらいかけてフルリフォームして、1500万円とかで再販売するわけですが、それじゃ彼らがいくらで買い取っているのか、聞いたらたぶん腰を抜かしますよ。

 

 

ワンマンバンドではそれほど安く買い取れません。それは何も「ワンマンドがとても良心的な会社だから」というのが理由ではなく(良心的だけど)、ビジネスモデルが違うからです。

 

 

彼らは多額の費用をかけて立派なHPを作り、SEO対策をして、「買取希望」を集めます。そして全国に散らばった営業所の社員が希望物件に飛んでいき、後の交渉のやり方は知りませんが、とても安く物件を買い取るわけです。

 

 

「金」と「人」。この二つがなければ、このやり方はできませんね。

我々にも、一般の個人投資家にも、このやり方は無理です。もちろん彼らのビジネスがうまくいっているかどうか、は別問題です。

 

 

ワンマンバンドにはワンマンバンドの「掘り出し物」を見付けるためのモデルとノウハウがあります(そうでないと商売続けていけない)。

そのノウハウは超極秘事項ですが(ハハ)、ポイントは、「割安物件を継続して取得できる仕組みを作る」ということです。商売だからたまたま何件か超格安の物件を取得しても仕方ありません。何年も何年も、商売は続いていくのです。

 

1軒、2軒だけ取得する、という場合は別ですが、これは通常の「個人投資家」についても当てはまります。

 

 

 

不動産投資は、極言してしまえば「いかに物件を安く仕入れるか」の勝負です。

 

 

- 不動産投資に掘り出し物は確かにあります

- それを見付けるためにかけることのできる「資金」「労力」は人によって違います。

- 「掘り出し物」を見付ける、魔法の道はありません

 

 

要は、「一人ひとりの投資家にとって最適」の、「いろいろな方法、媒体、マーケット、タイミング、スピードなどの組み合わせ」なのです。

 

 

 

だから、どんなに不動産投資の本を読んでも、セミナーに通っても、(ブログとかを読んでも?)、不動産投資で成功するかどうかとは直接には関係ありません。勉強するのは大事だけど。

 

 

自分にとって最適な組み合わせ、それは自分で考えて探すしかない。

 

 

そして一たびそれが見つかれば、後はそれに沿ってどんどん進めていくだけです。現実に合わせて絶えず軌道修正をかけながら。

 

大丈夫、自分で考え出した自分のための最適解は、たいていの場合、大きく外れていることはありません。(2017年11月14日)

author:oneman-band, category:戸建投資, 09:46
comments(0), -
Comment